本文へスキップ

手話通訳士は聴覚障害者のパートナーです

手話通訳士の資格と仕事

手話通訳士の資格取得と仕事について

手話通訳士は、聞こえる人と聞こえない人のコミュニケーションをつなぐ存在です。

 第23 回 手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)案内
 


1.試験日時(学科試験と実技試験を連続した2日間で実施します)

■ 学科試験

平成23年10月1日(土)  
13時00分〜14時30分 ・障害者福祉の基礎知識
・聴覚障害者に関する基礎知識
15時00分〜16時30分 ・手話通訳のあり方
・国 語
※12 時30 分からオリエンテーション

■実技試験

平成23年10月2日(日) 
試験時間は
受験者に別途通知します
・聞取り通訳(音声による出題を手話で解答)
・読取り通訳(手話による出題を音声で解答)
※学科試験受験者及び学科試験を免除される者が実技試験を受験できます。


2.試験予定会場(各試験会場で学科試験と実技試験を実施します)

  会場名   所在地
 東京会場  学科 学校法人敬心学園
日本福祉教育専門学校 高田馬場校舎
東京都豊島区高田3−6−15
 実技 全国身体障害者総合福祉センター
戸山サンライズ
東京都新宿区戸山1−22−1 
 大阪会場  パナソニック株式会社 人材開発カンパニー   大阪府枚方市菊丘南町2−10
 熊本会場  くまもと県民交流館 パレア   熊本県熊本市手取本町8−9
 テトリアくまもと9・10階


3.受験資格
20 歳(受験日の属する年度末(平成24年3月31日)までに20歳に達する者を含む)以上の者。


4.学科試験の免除
第22回手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)の結果通知に「学科試験については合格基準を
満たしておりました」と記載されている者については、申請により学科試験が免除されます。


5.受験申込受付期間
平成23 年5月1日(日) 〜 平成23年6月30 日(木) 〔 当日消印有効、簡易書留郵便のみ受付 〕
※ なお、学科試験免除対象者も、上記期間内に学科試験免除申請手続き及び受験申込手続きを行ってください。


6.受験手数料
18,000円(税込)



 人気通信講座

確実に資格取得を目指すなら、やはり実績のある通信講座を受講するのが近道です。

特に、時間がなかなか取れない人、独学で学習を継続する自信がない人にはお勧めします。

まずは、下記の各講座の無料資料請求をして、自分にぴったりな講座を見つけてください。

必ず、複数の資料を取り寄せて検討するのがコツです。

       介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』
   
  生涯学習のユーキャン
    

    

バナースペース


手話通訳士について

■ 手話通訳士とは
■ 手話通訳士として働く
■ WE LOVE パンフ運動
■ 手話通訳士倫理綱領
■ これから手話通訳士を目指す方へ

聴覚障害について

■ 聞こえる仕組み
■ 耳が聞こえないということ
■ さまざまな聴覚障害
■ 聴覚障害者の不便さ
■ 身体障害者福祉法における聴覚障害     者の程度等級

手話通訳士の資格と試験について

■ 手話通訳士の資格
■ 手話通訳技能認定試験(手話通訳士     試験)とは
■ 手話通訳技能認定試験概要

スポンサードリンク


リンクについて

当サイトはリンクフリーです。
また、相互リンクも募集しております。

お申し込みはこちらから

相互リンク募集中

リンク集1   4