本文へスキップ

手話通訳士は聴覚障害者のパートナーです

手話通訳士の資格と仕事

手話通訳士の資格取得と仕事について

手話通訳士は、聞こえる人と聞こえない人のコミュニケーションをつなぐ存在です。

 手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)とは
 

厚生労働省の調査(「平成18年身体障害児・者実態調査」)によると、我が国の「聴覚・言語障害者」の数は36万人(者:343千人、児:17.3千人)であり、そのコミュニケーション手段として、「手話・手話通訳」や「筆談・要約筆記」等が活用されています。

手話により聴覚障害者等とその他の者の意思疎通を仲介することを「手話通訳」といい、「手話通訳」を行う者の手話通訳に関する知識・技能について審査・証明を行うのが、「手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)」です。



「手話通訳士」資格制度の目的
 「手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)」の実施により、手話通訳技能の向上を図るとともに、手話通訳を行う者に対する社会的信頼を高め、聴覚障害者等の社会参加を促進し、併せて手話の発展を図るとともに、手話通訳事業の適切な実施を確保し、もって国民の福祉の増進に寄与することを目的としています。


他の手話資格
(1)「手話奉仕員」
 手話等を習得し、地域の聴覚障害者と手話で会話ができ、習得した手話等を活用して、地域の聴覚障害者団体の行事への参加や、手話サークル活動への参加等、手話活動を行う。

(2)「手話通訳者」
 手話通訳に必要な知識及び技術等を習得し、地域において手話通訳活動を行う。



 人気通信講座

確実に資格取得を目指すなら、やはり実績のある通信講座を受講するのが近道です。

特に、時間がなかなか取れない人、独学で学習を継続する自信がない人にはお勧めします。

まずは、下記の各講座の無料資料請求をして、自分にぴったりな講座を見つけてください。

必ず、複数の資料を取り寄せて検討するのがコツです。

       介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』
   
  生涯学習のユーキャン
    

    

バナースペース


手話通訳士について

■ 手話通訳士とは
■ 手話通訳士として働く
■ WE LOVE パンフ運動
■ 手話通訳士倫理綱領
■ これから手話通訳士を目指す方へ

聴覚障害について

■ 聞こえる仕組み
■ 耳が聞こえないということ
■ さまざまな聴覚障害
■ 聴覚障害者の不便さ
■ 身体障害者福祉法における聴覚障害     者の程度等級

手話通訳士の資格と試験について

■ 手話通訳士の資格
■ 手話通訳技能認定試験(手話通訳士     試験)とは
■ 手話通訳技能認定試験概要

スポンサードリンク


リンクについて

当サイトはリンクフリーです。
また、相互リンクも募集しております。

お申し込みはこちらから

相互リンク募集中

リンク集1   4