本文へスキップ

手話通訳士は聴覚障害者のパートナーです

手話通訳士の資格と仕事

手話通訳士の資格取得と仕事について

手話通訳士は、聞こえる人と聞こえない人のコミュニケーションをつなぐ存在です。

 これから手話通訳士を目指す方へ
 

手話通訳士試験は、手話通訳の資格試験の中でも、最も難しい試験です。

手話通訳士は、さまざまな場面での手話通訳に対応できる知識・技能を身につけるだけでなく、聴覚に障害のある方たちの生活や気持ちなどについても理解を深めることが必要です。

手話通訳士試験の受験者は、地域ごとに行われている「手話通訳者」の試験を受け、地域で手話通訳の経験を積んだ後、手話通訳士試験を受験する人が多いようです。

手話を学ぶ方法としては、地方自治体などの公的機関が開催する手話通訳奉仕員養成講座や手話通訳者養成講座などを受講したり、手話サークルなどに参加したりして学ぶ方法もあります。

ただし、これらの学習方法だけでは、手話通訳士に求められる知識・技能を身につけることは難しいので、手話通訳士試験受験者向けの講習会を受けたり、サークルで勉強したり、実務経験を積んだりすることが必要です。

本格的に手話通訳を学びたい、手話通訳を仕事にしたいと考えている場合は、福祉関係の大学や専門学校などで、手話通訳を専門的に学ぶ方法があります



 人気通信講座

確実に資格取得を目指すなら、やはり実績のある通信講座を受講するのが近道です。

特に、時間がなかなか取れない人、独学で学習を継続する自信がない人にはお勧めします。

まずは、下記の各講座の無料資料請求をして、自分にぴったりな講座を見つけてください。

必ず、複数の資料を取り寄せて検討するのがコツです。

       介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』
   
  生涯学習のユーキャン
    

バナースペース


手話通訳士について

■ 手話通訳士とは
■ 手話通訳士として働く
■ WE LOVE パンフ運動
■ 手話通訳士倫理綱領
■ これから手話通訳士を目指す方へ

聴覚障害について

■ 聞こえる仕組み
■ 耳が聞こえないということ
■ さまざまな聴覚障害
■ 聴覚障害者の不便さ
■ 身体障害者福祉法における聴覚障害     者の程度等級

手話通訳士の資格と試験について

■ 手話通訳士の資格
■ 手話通訳技能認定試験(手話通訳士     試験)とは
■ 手話通訳技能認定試験概要

スポンサードリンク


リンクについて

当サイトはリンクフリーです。
また、相互リンクも募集しております。

お申し込みはこちらから

相互リンク募集中

リンク集1   4