本文へスキップ

手話通訳士は聴覚障害者のパートナーです

手話通訳士の資格と仕事

手話通訳士の資格取得と仕事について

手話通訳士は、聞こえる人と聞こえない人のコミュニケーションをつなぐ存在です。

 WE LOVE パンフ運動

聴覚障害者制度改革推進中央本部6団体では、≪We Love コミュニケーションパンフ国民30.万人普及と120万人の署名運動≫を始めました。

2006年12月国連で「障害者権利条約」が採択されました。目的は、障害のある、ないに係わらず、同じように生活できるように障害者の人権を保障することです。


 日本では、2006年に施行された「障害者自立支援法」なるものが国内法でありますが、自立の名のもとに障害者に負担を求めるものであり、さまざまな波紋を呼んでいます。

 
We Love コミュニケーションパンフは、「聞こえないことはどういうことか?」「どんな障害か?」どのようなコミュニケーション方法があって、それを利用するためにはどのような法整備が必要なのかを説明しています。

皆がお互い気持ち良く生きる為の国内法を整備して、欲しいという運動です。

2006年に国際連合の総会で「障害者の権利条約」が採択されましたが、日本ではまだこの条約に批准していません。

国内法が整備され、「障害者の権利条約」に日本も批准して欲しいという想いから起こっている「We Loveパンフ運動」。

300円のパンフを買うことが、運動に参加する身近な方法です。

一人でも多くの皆さんに理解してもらい、関心を持ってもらい、署名していただいて、新法律を作る後押しをしていただくために運動を行います。

あなたのところにパンフ普及のお願いが来たら、署名活動を街で見かけたら、ぜひ、宜しくご協力をお願いします。



 人気通信講座

確実に資格取得を目指すなら、やはり実績のある通信講座を受講するのが近道です。

特に、時間がなかなか取れない人、独学で学習を継続する自信がない人にはお勧めします。

まずは、下記の各講座の無料資料請求をして、自分にぴったりな講座を見つけてください。

必ず、複数の資料を取り寄せて検討するのがコツです。

       介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』
   
  生涯学習のユーキャン
    

    

バナースペース


手話通訳士について

■ 手話通訳士とは
■ 手話通訳士として働く
■ WE LOVE パンフ運動
■ 手話通訳士倫理綱領
■ これから手話通訳士を目指す方へ

聴覚障害について

■ 聞こえる仕組み
■ 耳が聞こえないということ
■ さまざまな聴覚障害
■ 聴覚障害者の不便さ
■ 身体障害者福祉法における聴覚障害     者の程度等級

手話通訳士の資格と試験について

■ 手話通訳士の資格
■ 手話通訳技能認定試験(手話通訳士     試験)とは
■ 手話通訳技能認定試験概要

スポンサードリンク


リンクについて

当サイトはリンクフリーです。
また、相互リンクも募集しております。

お申し込みはこちらから

相互リンク募集中

リンク集1   4